海外不動産での投資は国選びを慎重に!多少の変動に動じず突き進め

長期間家から離れる時は

マンション

単身赴任等で長期間家を離れなければならない時に、住んでいる家やマンションの扱いに困っている方もいるでしょう。そんな時には、専門業者にリロケーションを依頼してみるのは良い方法です。面倒な手間なく利益を得ることができてお得です。

More Detail

初心者に適したセミナー

スーツの男性

初心者が不動産投資をやる場合に色々な不安があります。その不安を払拭するために活用するのが不動産投資セミナーです。初心者におすすめはシミュレーションセミナーです。実際にシミュレーションすることで投資の実態を知ることができます。初心者は無料のセミナーから受講するのが適しています。

More Detail

多くの国への不動産投資

鍵を持つ男性

各国の不動産市場に注目

海外不動産への投資としては、不動産市場が今後も緩やかに拡大していくことが見込める国を選びたいです。すでに不動産市場が過熱している国は避けて、市場が回復途上にある国へ投資を行うことが重要となってきます。現在、不動産市場が過熱している国としては、中国やイギリスが挙げられます。逆に不動産市場が回復途上になる国としては、アメリカなどの多くの国があります。不動産市場が回復途上にある国は多少の景気変動があっても、今後の大きな不動産価格の下落が避けられるメリットが生まれてきます。不動産価格の大きな変動がなければ、海外不動産で安定配当を受け続けることが実現します。したがって、海外不動産では市場が回復途上にある多くの国に、分散投資をすることが大事です。多少の変動に動じず突き進みましょう。

流動性の高い金融商品

海外不動産では現地のワンルームマンションなどに投資をすると、いざ売却をしたい時にはすぐにはできないことが頻繁に起こってきます。そのため、海外不動産の投資では、売りタイミングを逃してしまうことが起こり得ます。しかし、海外不動産はREITといった金融商品として取得をしておくと、流動性を高めることが可能となってきます。海外不動産向けのREITは、日本の各証券会社で投資信託やETFといった形で購入が可能です。国別としてはアメリカを対象とした物やヨーロッパを対象とした物、アジアを対象とした物などが存在しています。また、金融商品によっては為替のリスクヘッジが可能になるタイプも取り扱っています。為替ヘッジありの金融商品を選ぶことで、為替変動リスクをなくすことができます。

遊休地の有効活用

ジャケットのメンズ

遊休地の所有者にとって、使っていない土地をどう有効活用するかが問題です。土地は所有しているだけで固定資産税や都市計画税がかかります。不動産投資の一形態として、そうした遊休地に駐車場を設置する例が挙げられます。駐車場経営は不動産投資の中でも最もリスクが低く、立地条件次第では安定収入も見込めます。

More Detail